COMMUNICATION SCIENCEINSTITUTE

ケーススタディ

ケーススタディ

最新ケーススタディ

お客様から提示された調査仕様

事業目的
食事バランスガイド及びその中で果物を1日2つ摂ること(「毎日くだもの200グラム運動」)について、食品加工業者を対象にした個別面接等による普及・啓発活動を行うとともに、果物を使用した加工食品開発等の現状と今後の取組等についての意識調査を行い、今後の果物を使用した加工食品の開発を促す。このことにより、果物加工品の拡大と、果物を取り入れたバランスの取れた食生活の普及と果物の利用度向上に資することとする。

食品加工業者に対して、以下の事業をおこなう。

普及啓発活動
食事バランスガイド及び果物の健康機能性に関する専門家等を活用し、食品加工業者に対して、食事バランスガイド及びその中の果物が毎日の生活に欠かせない品目であることの重要性などについて面接等により啓発を行い、果物についての食品業者の理解促進を図る。
意識調査
食事バランスガイド及びその中で果物を1日2つ摂ること(「毎日くだもの200グラム運動」)について、食品加工業者を対象にした個別面接等による普及・啓発活動を行うとともに、果物を使用した加工食品開発等の現状と今後の取組等についての意識調査を行い、今後の果物を使用した加工食品の開発を促す。このことにより、果物加工品の拡大と、果物を取り入れたバランスの取れた食生活の普及と果物の利用度向上に資することとする。
効果測定調査
普及啓発活動実施時及びその後の一定期間経過後において、食事バランスガイド及びその中で果物を1人1日2つ摂ることの認知度、果物を使用した食品加工品の製造量や加工品開発取組の変化等について聞き取り調査を実施する。

弊社の提案した調査活動のコンセプト

果物の健康機能を訴求するために、食品加工メーカーで働く方々を対象としたセミナーを実施。果物の健康機能に詳しく、専門知識を有する女性フードコーディネーター/アドバイザーと一緒に食品加工業者を訪問して、ミニセミナー、ワークショップを開催。

お客様から提示された調査仕様

事業目的
食事バランスガイド及びその中で果物を1日2つ摂ること(「毎日くだもの200グラム運動」)について、食品加工業者を対象にした個別面接等による普及・啓発活動を行うとともに、果物を使用した加工食品開発等の現状と今後の取組等についての意識調査を行い、今後の果物を使用した加工食品の開発を促す。このことにより、果物加工品の拡大と、果物を取り入れたバランスの取れた食生活の普及と果物の利用度向上に資することとする。

食品加工業者に対して、以下の事業をおこなう。

普及啓発活動
食事バランスガイド及び果物の健康機能性に関する専門家等を活用し、食品加工業者に対して、食事バランスガイド及びその中の果物が毎日の生活に欠かせない品目であることの重要性などについて面接等により啓発を行い、果物についての食品業者の理解促進を図る。
意識調査
食事バランスガイド及びその中で果物を1日2つ摂ること(「毎日くだもの200グラム運動」)について、食品加工業者を対象にした個別面接等による普及・啓発活動を行うとともに、果物を使用した加工食品開発等の現状と今後の取組等についての意識調査を行い、今後の果物を使用した加工食品の開発を促す。このことにより、果物加工品の拡大と、果物を取り入れたバランスの取れた食生活の普及と果物の利用度向上に資することとする。
効果測定調査
普及啓発活動実施時及びその後の一定期間経過後において、食事バランスガイド及びその中で果物を1人1日2つ摂ることの認知度、果物を使用した食品加工品の製造量や加工品開発取組の変化等について聞き取り調査を実施する。

弊社の提案した調査活動のコンセプト

果物の健康機能を訴求するために、食品加工メーカーで働く方々を対象としたセミナーを実施。果物の健康機能に詳しく、専門知識を有する女性フードコーディネーター/アドバイザーと一緒に食品加工業者を訪問して、ミニセミナー、ワークショップを開催。

お客様から提示された調査仕様

事業目的
食事バランスガイド及びその中で果物を1日2つ摂ること(「毎日くだもの200グラム運動」)について、食品加工業者を対象にした個別面接等による普及・啓発活動を行うとともに、果物を使用した加工食品開発等の現状と今後の取組等についての意識調査を行い、今後の果物を使用した加工食品の開発を促す。このことにより、果物加工品の拡大と、果物を取り入れたバランスの取れた食生活の普及と果物の利用度向上に資することとする。

食品加工業者に対して、以下の事業をおこなう。

普及啓発活動
食事バランスガイド及び果物の健康機能性に関する専門家等を活用し、食品加工業者に対して、食事バランスガイド及びその中の果物が毎日の生活に欠かせない品目であることの重要性などについて面接等により啓発を行い、果物についての食品業者の理解促進を図る。
意識調査
食事バランスガイド及びその中で果物を1日2つ摂ること(「毎日くだもの200グラム運動」)について、食品加工業者を対象にした個別面接等による普及・啓発活動を行うとともに、果物を使用した加工食品開発等の現状と今後の取組等についての意識調査を行い、今後の果物を使用した加工食品の開発を促す。このことにより、果物加工品の拡大と、果物を取り入れたバランスの取れた食生活の普及と果物の利用度向上に資することとする。
効果測定調査
普及啓発活動実施時及びその後の一定期間経過後において、食事バランスガイド及びその中で果物を1人1日2つ摂ることの認知度、果物を使用した食品加工品の製造量や加工品開発取組の変化等について聞き取り調査を実施する。

弊社の提案した調査活動のコンセプト

果物の健康機能を訴求するために、食品加工メーカーで働く方々を対象としたセミナーを実施。果物の健康機能に詳しく、専門知識を有する女性フードコーディネーター/アドバイザーと一緒に食品加工業者を訪問して、ミニセミナー、ワークショップを開催。